リオオリンピック オッズ ネッテラー登録

NPB、MLBコラム!

NPB、MLBコラム!

来年メジャーリーグに参戦する日本人は誰か?

 

 

 

 

 

 

 

 

 高校野球における投手の球数問題は、
 日本だけでなく、海の向こうメジャーリーグでも、
 大きな話題となっている。

 

 

 ヤンキースの田中将大投手が右肘痛で、
 故障者リスト入りしたことも、その話題に拍車をかけている。

 

 

 田中投手を始め、多くの日本人投手が、
 活躍を続けている一方で、移籍してから、
 肘の手術を行っている日本人投手も、多い。

 

 

 こういった現状が、日本人投手獲得の、
 足かせにならないことを心から願う。

 

 

 最大の注目は、広島カープの前田健太投手だろう。
 本人もメジャー志向が強く、年齢的にもいい時期と言える。

 

 

 メジャー側も、先発3、4番手として、その素材を認めている。

 

 

 オリックスの金子投手も評価が高いが、
 本人はメジャーへの移籍に興味がないと、言われている。

 

 

 投手はまだまだ海を渡る選手が出てくると、
 予想される一方、野手はかなり人材が枯渇している。

 

 

 イチロー選手が引退し、川崎・青木選手などが、
 契約を打ち切られた瞬間、日本人野手は、
 消滅してしまう可能性が高い。

 

 

 あと3年もしない内に、その時は、
 来てしまうのではないだろうか...

 

 

 今秋、8年ぶりに日米野球が開催される。

 

 

 かつては2年ごとのペースで行われていたものだが、
 日本人選手の活躍もあって、近年は行われなくなっていた。

 

 

 今回久しぶりに日米野球が開催される背景には、
 日本人野手の発掘ならびに、日本人野手に、
 メジャーリーグへの憧れを持たせるといった、
 意図もあるのではないだろうか。

 

 

 20代前半でメジャーリーグに挑戦した、
 日本人野手は、まだ誰もいない。

 

 

 メジャーリーグで本塁打王を獲れるような、
 本格的なパワーヒッターの出現に、期待したい。

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ